産後に骨盤が開くのをおさえる方法┃早い時期からガードルを使用

肩のこりをほぐそう

肩こり

肩がこる理由とは

肩こりを解消するには、肩甲骨を動かす運動がおすすめです。具体的な肩こり解消の運動としては、肩甲骨はがしというストレッチがあります。座ったままでも行える簡単なものなので、人気があるようです。まず、頭を左に倒して、耳をなるべく左肩に近づけてその状態を30秒保ち、次に右も同じようにします。左右交互に3セット行った後、次は顔を左に向けて鼻を左肩に近づけます。先程と同じように30秒その状態を保ち右側も同じようにして、左右それぞれ3セット行ってください。最後に、肩と二の腕を下げつつ肩甲骨を下方向に動かして、5秒間保ちこの動作を10回から20回ほど続ければ終わりです。デスクワーク中の合間にこの運動を行うようにすると、肩こり解消に繋がっていくでしょう。また、記載した通りの運動でなくとも、肩を開いたり回したりすることだけでも肩こり解消に役立ちます。女性の肩こりの場合は、猫背防止のブラジャーなどを利用するだけでも、肩こりの血行改善につながるので良いでしょう。

簡単な運動が効果あり

日本には肩こりに悩まされている人がかなり多いと言われており、肩がこっているせいで頭痛がする、肩が重くて動かせないなど症状は様々です。そこで知っておきたいのが肩こりになる理由で、そのほとんどが筋肉が緊張している状態になっているせいだと言われています。つまり肩こりとは、負担がかかって肩の筋肉が固くなっているという状態です。姿勢の悪さにより頭の重みを支えるバランスを崩し、その負担が首や肩にかかっているということになります。デスクワークをしている方に肩こりが多いのも、猫背の姿勢で長時間過ごすからでしょう。また、肩こりの人に頭痛の症状が多いのは、筋肉の伸び縮みが減ることで血流が悪くなっているからだと言えます。肩こりによる頭痛は血流を良くすることで解消されることが多いため、軽く体を動かしてみるだけでも効果が期待できます。肩こりを解消するために、解消グッズを利用するのも一つの手です。マッサージボールなどでツボを刺激することで血流が改善されます。また、肩を冷やさないように肩掛けを用意するのもよいでしょう。